ホーム  >  広聴活動  >  赤羽国土交通大臣と視察

赤羽国土交通大臣と視察

令和3年3月13日

赤羽大臣と石田衆議院議員とともに、マイナンバーカードを活用した身体障害者手帳情報のデジタル化の取組みとして、JR高松駅において、スマートフォンのアプリケーション(ミライロID)を使って鉄道の身体障害者割引を受ける際に本人確認を行う方法について、視察しました。

*

なお、主管大臣の平井デジタル改革担当大臣も参加されました。 これまでは割引を受ける際に、身体障害者手帳そのものを呈示する必要がありましたが、3月13日からはJR各社など108社でこのアプリケーションの画面を呈示すれば足りるこ とになります。

*

同駅では、アプリケーションを開発したミライロ社の垣内社長より概要説明を受けた後、実際にアプリケーションを使用して身体障害者割引を受ける場合のデモンストレーション も視察しました。垣内社長は鉄道会社への普及について赤羽大臣の尽力に感謝の思いを伝えられておりました。

前
広聴広報調査活動一覧
カテゴリートップ
広聴活動一覧
次
赤羽国交相とともに旅客船沈没現場を視察

広聴活動

広聴活動一覧

広報活動

TOP

調査活動