ホーム  >  調査活動  >  東北被災地視察(岩手県田老地区、普代村)(平成23年7月)

東北被災地視察(岩手県田老地区、普代村)

23年7月27日

 

ハード整備で名高い両地区を視察。

残念ながら5メートルの堤防の高さの差で明暗が分かれてしまった。

10メートルの長大な堤防を築いた田老地区であったが20メートルの津波を止めることが出来なかった。 ハード面の整備ももちろん大事だが、それを過信するのが一番怖い。

一人ひとりの防災意識(自分の身は自分で守る)の向上こそ何より大事。

前
経済委員会視察(豊田市)(平成23年8月)
カテゴリートップ
TOP
次
東北被災地視察(青森県八戸市)(平成23年7月)

広聴活動

広聴活動一覧

広報活動

調査活動