ホーム  >  広聴活動  >  総合防災特別委員会で高松気象台を視察

総合防災特別委員会で高松気象台を視察

26年8月5日

高松市伏石町にある高松気象台を視察。

*

特別警報など気象情報や組織等の説明をはじめ、実際に気象観測している執務室や室外に設置された雨量計測器などを見学。

なお、大雨警報にも表示は同じだが意味的には雨量災害への警報と土砂災害への警報の二種類を意味する警報があり、晴れていても土砂災害への警報で大雨警報が解除されない場合があるとのこと。

前
“女子旅”にクーポン/最大2万4000円の宿泊割引
カテゴリートップ
広聴活動一覧
次
瀬戸内海国立公園指定80周年記念式典に参加

広聴活動

広聴活動一覧

広報活動

調査活動