ホーム  >  広聴活動  >  ウイメンズ大会に参加(平成23年11月)

ウイメンズ大会に参加

平成23年11月26日

 

高松市内で、女性の集いとして「2011ウイメンズ大会」が開催され、古屋範子衆院議員をはじめ、女性地方議員と共に出席しました。

ウイメンズ大会に参加

私の挨拶の中で、「21世紀は女性の時代」と言われ、女性の役員登用が多くなってきていること、女性を大事にしている組織ほど発展していることや女性の新発想で企業経営が上向きになったケースなどを紹介し、県政においても女性に光を当てた施策を推進していることなどを報告させて頂きました。

また、古屋議員は、党女性防災会議が聞き取り調査を実施した「女性の視点からの防災行政総点検」で、地域防災計画に女性の意見を反映させていない自治体が54・7%に上った結果などに言及。

同会議が11月24日に「女性の視点を生かした災害対策についての第1次提言」を藤村修官房長官に提出し、災害対策基本法の改正などを提案したことを紹介。

「防災には女性の視点が絶対に必要。防災行政への女性登用を推進していく」と力説されました。
また、食物アレルギーなどによるアナフィラキシーショックの治療に効果を発揮する自己注射薬「エピペン」が23年9月から保険適用されたことなど、アレルギー疾患対策が前進したことが報告されました。

前
「第75回香川県畜産共進会」が開催され、来賓として参加(平成23年11月)
カテゴリートップ
広聴活動一覧
次
舞踊集団「菊の会」が天雲副知事を表敬(平成23年11月)

広聴活動

広聴活動一覧

広報活動

調査活動