ホーム  >  広聴活動  >  経済委員会で、(財)阪大微生物病研究会の瀬戸センター(観音寺市)を視察(平成24年12月)

経済委員会で、(財)阪大微生物病研究会の瀬戸センター(観音寺市)を視察

平成24年1月19日

細胞培養技術を用いた新型インフルエンザワクチンの研究・製造施設。

経済委視察

流行発生後、半年以内に2,500万人分のワクチンを生産する規模を計画している。 最先端技術を持つ施設の県内立地により1000人近くの雇用も生まれ、県内経済へも大きく寄与している。 こうした企業等の誘致が積極的に図られるようこれからも取り組みたい。

前
高松市内で賀詞交歓会を開催(平成24年1月)
カテゴリートップ
広聴活動一覧
次
さぬきうまいもん祭り「食の大博覧会2011」に参加(平成23年12月)

広聴活動

広聴活動一覧

広報活動

調査活動