ホーム  >  広聴活動  >  火災報知機(平成21年5月)

新開発の火災報知機

聾学校の贈呈式に参加2009/05

高松市の香川県立聾学校で、新開発の火災報知機を導入する贈呈式が行われ、山本博司参院議員らと共に出席しました。

この報知機は、火災発生時にワサビ臭を室内に噴射し警告。嗅覚細胞を直接刺激するため、就寝中の人でも1分以内に目を覚ますという実験結果が出ており、主に聴覚障がい者や高齢者向けに販売されているもの。

贈呈式で山本議員は、「災害時に弱者を守るための環境づくりはとても大事。公明党としても取り組みを進めたい」と挨拶されました。

前
フェリー(平成22年2月)
カテゴリートップ
広聴活動一覧
次
ハローワーク視察(平成21年1月)

広聴活動

広聴活動一覧

広報活動

調査活動