ホーム  >  広聴活動  >  ハローワーク視察(平成21年1月)

ハローワーク視察(平成21年1月)|地域雇用対策に全力

年度末へ対策万全にハローワーク視察し意見交換

平成21年1月16日、高松市内のハローワーク高松を視察し、市内の雇用状況について意見交換しました。 席上、堀内光弘所長らが市内の現状について、「新規の求人倍率は、例年と比較すると落ち込んでいる。

派遣切りによって住宅を失うような事例はないが、今後の動向が心配だ」と述べ、年度末までに予想される失業者数や窓口での相談内容などについて説明を受けました。 3月の年度末が近づくにつれ、状況はさらに厳しくなると思う。万全の対策を講じて頂く」よう要望した。

前
火災報知機(平成21年5月)
カテゴリートップ
広聴活動一覧
次
保証協会ヒアリング(平成20年11月)

広聴活動

広聴活動一覧

広報活動

調査活動