ホーム  >  政策推進  >  医療・福祉の充実  >  医療の充実  >  AEDの設置

2カ年で59カ所に

県施設にAEDを設置2006/04

香川県は、多くの突然死の原因となる心臓の危険な状態(心室細動)を自動的に判断し電気ショックで回復させるAED(自動体外式除細動器)を平成18年度から2カ年計画で、県立学校や県公共施設に設置しました。AEDの設置促進については、平成17年9月県議会の一般質問で、「心臓停止状態に陥った人の救命を図るため、より多くの施設にAEDの設置を」と提案していました。

県医務国保課によるとAEDは当時、県内で県庁舎など県施設5カ所に設置されているだけ。県は955万円を予算計上し、2カ年で県立高校34校を含む県施設59カ所にAEDを設置しました。また、一般向けAED講習会も実施。

前
がん患者会の皆さんと懇談(平成23年12月)
カテゴリートップ
医療の充実
次
がん対策強化

メニュー

コンテンツ一覧
行財政改革
医療・福祉の充実
福祉の充実
医療の充実
にぎわい作り
安心安全