ホーム  >  政策推進  >  行財政改革  >  自動販売機の公募入札

自動販売機の公募入札

県有施設への自動販売機設置に公募入札を導入2009/05

県庁内に設置する自動販売機の公募入札制度が導入され、数百万円の増収が図られました。これまでは、廉価な賃貸料で自販機スペースが提供されており、県施設の有効利用や財政再建のためにも、「売り上げに見合った設置料を徴収すべし」と制度導入を定例会等を通じ要望していました。

前
リース車両で経費削減
カテゴリートップ
行財政改革
次
通勤手当ての削減

メニュー

コンテンツ一覧
行財政改革
医療・福祉の充実
福祉の充実
医療の充実
にぎわい作り
安心安全