ホーム  >  政策推進  >  にぎわい作り  >  文化芸術で地域活性化

文化芸術で地域活性化

振興条例制定し、基金も設立 2008/02

香川県はこのほど、ゆとりと潤いに満ちた暮らしの実現を図ろうと、「文化芸術の振興による心豊かで活力あふれる香川づくり条例」を制定した。条例の制定については、定例会で過去数回にわたり「貴重な文化芸術財産を保有する本県としてぜひとも制定を」と主張するなど、県議会公明党として一貫して条例制定を推進してきました。文化芸術振興に関する条例は現在、15都道府県で施行されているが、同県の条例は、(1)ため池や瀬戸内海の島々、村歌舞伎など香川県固有の自然や伝統文化を保存・継承する
(2)若手アーティストの育成にも力を入れる――という2点を大きな柱としているのが特徴。

また、県民からの寄付金や県有財産売却による収益金の一部を実際に行う振興事業の財源に充てるための基金も設立するなど、ユニークな条例となっている。県文化振興課長は、「文化芸術を生活と密着したものにして、地域をもっと活性化させていきたい」と、同条例による地域活性化への期待を語っていた。

前
6カ国語の観光サイト
カテゴリートップ
にぎわい作り

メニュー

コンテンツ一覧
行財政改革
医療・福祉の充実
福祉の充実
医療の充実
にぎわい作り
安心安全