ホーム  >  政策推進  >  医療・福祉の充実  >  医療の充実  >  学校での「がん教育」授業を見学

学校での「がん教育」授業を見学

25年11月21日

香川県では現在、2011年に施行された「がん対策推進条例」に基づき、小・中学校、 高校でのがん教育の普及を進めています。

学校での「がん教育」授業を見学

その一環として、高松市立塩江中学校(井上光司校長)でこのほど、3年生を対象とした「科学的ながんの知識をがんちゃんと 学ぼう」と題する授業が行われました。

がん教育については、がん患者らの団体の皆さんからの声を受け、議員条例としてがん対策推進条例の制定を推進してまいりました。 授業では、公益財団法人・日本対がん協会が作製した短編アニメDVD「がんちゃんの冒険」を活用し、がんの正しい知識を学習。

保健師の池田信子さんが、「がんは誰もがなる可能性を持っていて、自覚症状がないまま進行する」と、その特徴を説明するとともに、早期発見・早期治療で治すことができると強調、定期健診の大切さも訴えられておられました。 授業を受けた生徒からも「がんは身近な病気だと分かった」「大切な人に教えてあげたい」など、それぞれの感想を発表していました。
今後も「がんの撲滅」に向けた取り組みを一層推進してまいります。

前
造血幹細胞移植を推進
カテゴリートップ
医療の充実
次
脳脊髄液減少症の理解を深めよう/医療、警察、学校関係者らが参加して県主催の研修会を開催

メニュー

コンテンツ一覧
行財政改革
医療・福祉の充実
福祉の充実
医療の充実
にぎわい作り
安心安全