ホーム  >  政策推進  >  医療・福祉の充実  >  医療の充実  >  脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症 

HPに関連情報を掲載2010/10

香川県はこのほど、「脳脊髄液減少症」の治療体制充実を図ろうと、県のホームページで、県内で治療を行っている医療機関や症状などに関する情報掲載を始めました。同症は、交通事故などで受けた強い衝撃が原因で脳脊髄液が漏れ出し、頭痛や目まいなどが起こるもの。一般的な認知度は低く情報も少ないため、適切な治療を受ける環境が整っていないのが現状。

治療体制の充実については、全国的な要望活動を展開するNPO法人「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」(中井宏代表理事)と共に当局に対し幾度も要望を行なうなど積極的に推進。2009年11月定例会で「ホームページ上で早急に医療機関を公表するべきだ」と主張していました。

前
女性専門外来の設置
カテゴリートップ
医療の充実
次
夜間小児救急電話相談事業

メニュー

コンテンツ一覧
行財政改革
医療・福祉の充実
福祉の充実
医療の充実
にぎわい作り
安心安全