ホーム  >  政策推進  >  行財政改革  >  県の分庁舎にLED導入、リースと省電力でコスト減を実現!

県の分庁舎にLED導入、リースと省電力でコスト減を実現!

26年1月

香川県は25年10月1日より、施設の省電力化の一環として、天神前分庁舎の蛍光灯約1000本を四国初のリース方式によるLEDの照明化が始まりました。

県の分庁舎にLED導入、リースと省電力でコスト減を実現!

同事業については、公共施設の適正管理を図るファシリティマネジメントの観点からZO12年6月定例会で訴えるなど、推進してまいりました。

県財産経営課によると、リース方式の採用により大幅なコスドダウンが可能で、「10年間で約1600万円分の節電と、約280トンの二酸化炭素排出量の削減効果が見込まれる」とされております。一層のコスト削減と行政自らの環境対策を推進します。

カテゴリートップ
行財政改革
次
リース車両で経費削減

メニュー

コンテンツ一覧
行財政改革
医療・福祉の充実
福祉の充実
医療の充実
にぎわい作り
安心安全