ホーム  >  政策推進  >  安心安全  >  “プロの目”で子どもを守る

プロの目で子どもを守る

各小学校を巡回指導/スクールガード・リーダー 警察官OBに委嘱2005/07

不審者から子どもの安全・安心を守ろう、と香川県は17年度より5人のスクールガード・リーダー(地域学校安全指導員)に委嘱状を交付し、各学校への巡回指導をスタートさせた。5人のうち2人は、高松市に派遣される。(18年度は人数も二倍に)

同事業の実施については、17年2月の定例本会議で、不審者対策として警察官OBらの活用による安全対策、スクールガードなどの人的体制の強化を図るよう提案していました。県当局は「国の事業を活用して警察官OBの活用、学校安全ボランティアの指導・養成を推進したい」と答弁、前向きに取り組む意向を明らかにしていました。

前
災害情報を迅速に伝達/県下一斉のエリアメール導入(平成23年8月)
カテゴリートップ
安心安全
次
民間嘱託警察犬の訓練施設が開設

メニュー

コンテンツ一覧
行財政改革
医療・福祉の充実
福祉の充実
医療の充実
にぎわい作り
安心安全