ホーム  >  政策推進  >  行財政改革  >  通勤手当ての削減

通勤手当ての削減

通勤手当を削減2008/05

電車等での通勤には、17年4月より割引率の高い6ケ月定期の利用が義務付けられ、年間約27百万円の節約が実現したほか、車等による通勤の場合にも、20年度(3年間)から国家公務員の支給水準に引き下げられ、年間約2億3100万円の経費削減が実現しました。

前
自動販売機の公募入札
カテゴリートップ
行財政改革

メニュー

コンテンツ一覧
行財政改革
医療・福祉の充実
福祉の充実
医療の充実
にぎわい作り
安心安全