ホーム  >  要望活動  >  「生理の貧困」対策を知事並びに教育長に緊急要望!

「生理の貧困」対策を知事並びに教育長に緊急要望!

令和3年4月7日

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、職を失ったり休業を余儀なくされたりする女性が増え、経済困窮から生理用品を買うお金がない、あるいはそれを利用できない、利用しにくいといった女性の月経に関する「生理の貧困」と呼ばれる問題が起こっておりました。

*

公明党香川県本部女性局の皆さんと共に、その対応について緊急要望させて頂きました。 その結果、私の委員会質問や一般質問を通じ、県並びに県教委において以下の対応を行って頂くことが明らかになりました。

|了答弁
・今月中に備蓄物資分を社協やNPO法人を通じ配布。
・国の地域女性活躍推進交付金(「つながりサポート型」)事業が進むよう市町と連携。
・要望のある私立学校にも対象を広げ、生理用品を提供。

教育長答弁
・全ての県立学校の保健室等で提供できるよう手配。寄り添い型のケアをしていく。
・取り換え用の下着も準備。
・女子トイレに掲示する周知用のポスターの見本も各学校に配付。
・市町教委に県教委の対応を周知、合わせ市町福祉部局と連携し対応頂くよう通知。

「緊急要望」全文は別掲を参照(PDF) 質問及び答弁詳細は別掲の質問のページをご覧ください。

前
新型コロナワクチン接種に関する緊急要望
カテゴリートップ
TOP
次
浜田知事に令和3年度予算要望を実施!

要望活動

TOP